ホーム » 講座レポート » 平成14年度第16回

平成14年度第16回

このページを印刷する


今回の講座のようす
【その他の講座レポートはこちら】
百姓塾キャラクター:ポン助

平成14年度 16回目の講座が開催されました (11月 9日土曜日 10日 日曜日)
【実習】
●高速道路インターチェンジでの販売実習
11 月9日、10日は六人部サービスエリアにてぜんざい、ネギ、大根、白菜、カブ、サツマイモ、シイタケ、栗ご飯、マツタケご飯の販売実習をしました。お客さ んが来ないときはひまですが、観光バスが来たりすると大忙しになります。9日は雨で寒かったですが、10日は晴れて天候には恵まれました。朝早く取り入れ をし、販売準備からあとかたづけまでするとさすがに疲れます。両日参加の塾生の数人で9日の夜は近くの飲み屋さんで飲みました。
将来に向けての夢や面白い話がいっぱい聞けました。お客さんがいっぱい来ているところの写真は忙しくて撮れなかったのと、今回撮った写真には女性の塾生が まったく写っていなかったのでお見せできないのが残念です。安く販売しているので、売上がなかなかあがりませんが、販売についてはお客さんから学ぶことも 多く、農業で収入を得ることの大変さを体験するとともに、得られることの多い販売実習でした。
2日連続の売り出し
販売の前に収穫した作物を洗っているところです。 値札をワープロで作っています。プリンターつきなので便利。
販売の前に収穫した作物を洗っているところです。 値札をワープロで作っています。プリンターつきなので便利。
2日連続参加のメンバーで記念撮影。後ろは店の横に張り出した講座内容写真集です。 暇なときには店の周りの清掃をする塾長。1回すると手が痛くなりますが、何度も清掃していました。
2日連続参加のメンバーで記念撮影。後ろは店の横に張り出した講座内容写真集です。 暇なときには店の周りの清掃をする塾長。1回すると手が痛くなりますが、何度も清掃していました。
観光バスが来るとお客でいっぱいになりますが大体はこんな感じです。 餅を焼いてぜんざいに入れます。
観光バスが来るとお客でいっぱいになりますが大体はこんな感じです。 餅を焼いてぜんざいに入れます。
餅は塾生による杵つき餅。
百姓塾の看板。1期生の作品だそうです。 店の中はこんな感じです。初日は雨だったので屋根の下に向いているので暗い。
百姓塾の看板。1期生の作品だそうです。 店の中はこんな感じです。初日は雨だったので屋根の下に向いているので暗い。
隣のおみやげ物を売っているところからの全景。場所代が掛かっています。 店の全景、手前がぜんざいで餅を焼いて入れています。小豆もおいしいけど、餅が好評でした。
隣のおみやげ物を売っているところからの全景。場所代が掛かっています。 店の全景、手前がぜんざいで餅を焼いて入れています。小豆もおいしいけど、餅が好評でした。

▲このページTOPへもどる