ホーム » 周辺情報・地図

周辺情報・地図

このページを印刷する



周辺案内
~福知山市や塾周辺の案内~
百姓塾キャラクター:ポン助

>百姓塾地図はこちら
【鏡石】
【鏡石】 そ の昔、木こりの娘と町の若者が待ち合わせの場所として使ったという言い伝えが残っています。娘が若者を待っている間、髪を洗いこの石に姿を映しといいま す。表面がツルツルと黒光りするこの石には、ヘビがお姫様に姿を変え鏡石に自分の姿を映して見たという伝説もあります。地元の人たちで毎年草刈など手入れ をしています。百姓塾では、この石の名前を取り、「鏡石」という地酒も製造しました。
【芦田均記念館】
【芦田均記念館】 1948 年(昭和23)、第47代内閣総理大臣に就任し、戦後の混乱の時代に国政を担当、日本の復興に大きな功績を残した芦田均は、ここ天田郡中六人部村(現福知 山市)に生まれました。芦田氏の足跡をたどるものとして、生家を記念館としてオープン(2002年5月)。戦後の日本の政治の変遷などに触れることができ ます。
TEL&FAX/0773-27-9445 開館時間:午後9時~午後5時(入館は4時30分まで) 休館日:火曜日(ただし、祝日と重なる場合は開館し、水曜日を休館) 入館料:無料
【観音寺(アジサイの寺)】
【観音寺(アジサイの寺)】 真 言宗高野山の末寺で、6月にはあじさいの咲き誇る花の寺として親しまれています。奈良時代に開かれた伝承の残る、歴史のある寺院でで、鎌倉時代の古文書、 千手観音像、不動明王像などの仏画をはじめ、長い歴史を物語る多くの文化財が残されています。本堂は、天明4年(1784年)に建築された、桁行5間、梁 行5間、入母屋造の豪壮なもので、京都府北部でも代表的な寺院建築の一つとして、京都府の指定文化財となっています。内部は、格天井に花が描かれるなど、 見所となっています。
(文化財の見学には事前の連絡が必要 TEL.0773-27-1618)
【福知山城(福知山郷土資料館】
【福知山城(福知山郷土資料館】 福 知山城は、天正8年(1580年)頃、丹波平定に成功した明智光秀が丹波の拠点として新たに城を築いたのが始まりとされています。天守閣は明治の廃城令で 取り壊され、石垣だけが残されていましたが、市民の熱い思いで昭和61年に再建されました。 一見乱雑に見える石垣の石材は、奥に長く用いられて、強固な 石垣が組み上げられています。石垣内部に石塔類が使われています。内部は、古代から近代にかけての、お城や福知山にかかわる歴史資料が展示され、郷土資料 館として利用されています。
入館料 大人310円、火曜休館、TEL.0773-23-9564
●福知山市公式ホームページ

▲このページTOPへもどる