ホーム » 講座レポート » 平成17年度第5回

平成17年度第5回

このページを印刷する


今回の講座のようす
【その他の講座レポートはこちら】
百姓塾キャラクター:ポン助

5回目の講座が開催されました。 (平成17年 5月 28日土曜日)
本日も快晴です。
まずは、じゃがいもの芽の花を摘みました。少しでも芽を大きくするための作業です。ちなみに、かぼちゃも、ビニールシートのトンネルの中で、こんなに大きく育ちました。
ジャガイモの芽摘み
ジャガイモの芽摘み かぼちゃもビニールトンネルの中、こんなに育ちました。
栗園の草刈り
栗園に生い茂った、雑草を刈り取ります。この刈り取った草も、スイカ、かぼちゃ、メロンの裾に敷き、有効利用します。
栗園の草刈作業を進めます。 みんなで力をあわせて作業を進めます。
雑草もしっかり有効利用。
午後からは流しそうめん。
昼食は「流しそうめん」にしました。
竹を切り半分に割り、フシを取り除き、長さ20mの水路を設置。もちろん、使うのは自作の竹箸と竹食器。作れない人は、お昼抜きです!!みんな一生懸命です。
自然の竹を使った流しそうめん。 気分は最高!おいしいそうめんをほうばります。
流れてきた~!手作りのお箸でうまくすくえるかな? 下の方までそうめんが、残っているでしょうか?!
ほら!そうめん流しますよー。 そうめんを流すのも大変です。
さぁ、うまく捕まえてください!そうめんを流しますよ! おっとっと!そうめんと一緒に流れてこないでね!気をつけて!
来た来たそうめん~。 よし!捕まえた!
じぃぃっと追いかける先には、ゆっくりと流れてくるそうめんが。 パッと捕まえて、つるつるっと食べるそうめんはカクベツ!
そうめんが流れてくるのを待ちかまえてます。 満足満足。流しそうめん記念撮影。
終点にもたくさん待ち受けてますよ。 おなかもいっぱいになって大満足。
本日のお土産
通常の筍よりも細長い「破竹」という品種。 大収穫です。これは本日のお土産です。
日本には、約600種類の竹があるそうですが、この竹は、「破竹(はちく)」と いう品種のひとつです。一般的な「孟宗竹(もうそうたけ)」のように太く成長するのではなく、細長く成長する淡竹です。普通の筍に比べ、破竹の筍は、アク が少なくあっさりしているため、食べやすいと言われています。※「破竹の勢い」と言われる破竹は、この竹とは違うそうです。

▲このページTOPへもどる