ホーム » 10期活動レポート » Blog article: 冬至の餅つき

冬至の餅つき

木の臼・杵でつく餅は、団塊世代の皆さんは懐かしいでしょう。僅かに記憶がある程度かな?

冬至なれど残暑の陽射しが厳しいが、屋外での餅つきには絶好の青天なり!

集まった10期生の有志達で10時頃から始めました。

e69c80e5889d-1e381bee3818de3828fe3828aefbc923e69292e589b2efbc91


 

  

釜の上に蒸籠(せいろ)を載せどんどん焚き火で蒸します。1つの蒸籠には、2升のもち米が入っています。

今日は6蒸籠ですから12升のノルマです。 

 e3819be38184e3828defbc91e3819be38184e3828defbc93e3819be38184e3828defbc92


 

 

上段の蒸籠から湯気があがり、いい匂いがしてきた。ちょっと一粒、いい塩梅に蒸しあがっている。

e781abefbc93
e781abefbc91

e781abefbc92


 

e38282e381a1efbc91

e38282e381a1efbc92e38282e381a1e381a4e3818de5898defbc91


 

 

 

最下段の蒸籠を取り出し臼にあげてサー つき手は誰、あしらい湯は誰!塾生全員尻込みしていると、

お手本で塾長があしらい湯を担当されました。

つき手とあしらい湯の2人が意気を併せてペッタン・ペッタン あっという間に つきあがりました。

 e38282e381a1e381a4e3818defbc93e38282e381a1e381a4e3818defbc92
 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど昼時となり塾生が育てた大根1本を、畑から引き抜き、おろし大根ときな粉で試食だー。

いやはや実に旨い 当然です! 採れたてで搗きたてだからな!

おろし大根はピリ辛で大人の味で最高だ。

 

ここで一口メモ

大根は葉に近いほど甘く、先にいくほど辛くなりますぞ。

 2つ目の蒸籠からは、塾生達で搗き手とあしらい湯と順次交替で楽しみました。

 e38282e381a1e381a4e3818defbc914e38282e381a1e381a4e3818defbc91efbc93e38282e381a1e381a4e3818defbc91efbc92
 e38195e38184e38194
 

 


 

 

 

 

 

餅つき大会のイベントは数多くあれど、薪割りから最後の臼洗いまでの体験は皆さん経験ないでしょう。

 

青天の下 餅が旨い! 大根も旨い! 水も旨い! 空気も旨い! 人生の楽園に近いなー

 

wrote by T.H

2009年10月10日   Posted in: 10期活動レポート